Art Collaboration Kyoto(ACK)実行委員会は、2020年11月、国立京都国際会館を会場に、現代美術の展示と販売を組み合わせたアートプログラム「Art Collaboration Kyoto 2020(ACK2020)」を開催いたします。 つきましては、下記要項により、出展ギャラリーを募集いたします。

皆様からのご応募をお待ち申し上げております。

開催概要(予定)

応募要項
Application

名称

Art Collaboration Kyoto 2020

開催日程

2020年11月6日(金)-11月8日(日)

内 覧 会

2020年11月5日(木)

メイン会場

国立京都国際会館 イベントホール
606-0001 京都市左京区宝ヶ池(地下鉄 国際会館駅すぐ)

主 催

ACK実行委員会

募集セクション

ACK 2020では2つのセクションの設置を予定しています。

  1. ギャラリーコラボレーション
    日本国内のギャラリーが、日本国外に本拠地のあるギャラリーとブースを共有し、出展するセクション
  2. キョートミーティング
    京都ゆかりのアーティスト※による個展、またはテーマのあるグループ展(3名程度)の形式で出展するセクション
    ※「京都ゆかりのアーティスト」とは、以下いずれかの要件を満たしていることが条件となります。
    ①京都府出身
    ②京都府内の芸術系大学を卒業または修了している
    ③現在の居住地または制作拠点が京都府内である

    グループ展の場合は、「京都ゆかりのアーティスト」を1名以上含めることとします。いずれのセクションも展示内容により、メイン会場とは別の会場となる場合があります。

出 展 料

  1. ギャラリーコラボレーション
    50万円(50㎡程度)/30万円(30㎡程度)/10万円(10㎡程度)
  2. キョートミーティング
    10万円(10㎡程度)

※価格は全て税別です。

出展ギャラリーの
選考について

  • 出展ギャラリーは、ACK実行委員会及びACK共同ディレクターによって選考され、承認されます。
  • 選考結果の通知受領後、出展規約への同意書の提出をもって、正式な出展決定となります。
  • 選考結果は2020年4月中旬にお知らせする予定です。選考内容に関するお問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

ACK共同ディレクター
井上佳昭(Yoshiaki Inoue Gallery 代表)
大石正子(京都府文化スポーツ部文化芸術課担当課長)
金島隆弘(ACKプログラムディレクター)
小山登美夫(小山登美夫ギャラリー 代表)
森裕一(MORI YU GALLERY 代表)
山本裕子(ANOMALY ディレクター)

申し込み期日

募集は締め切りました

問い合わせ先

ACK実行委員会 事務局
604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町231番地 ミヅシマビル2階
P. 06-7506-9347 (一般社団法人日本現代美術振興協会 | APCA JAPAN 内)
E. info@a-c-k.jp

※注意事項

  1. 本事業は京都府の補助金を活用した事業です。令和 2 年度京都府当初予算が京都府議会において決議されない場合は、当該事業は内容を変更する場合がありますのでご留意ください。
  2. 出展に際する詳細条件は、選考結果通知時にご案内する出展規約にてご確認ください。