Satellite
programs

サテライトプログラム

現代アートから伝統工芸、ハイキャリアから若手美術家まで、様々な美術で京都を盛り上げます。

  • ※ACKは延期となりましたが、一部サテライトプログラムは予定通り開催いたします。
  • ※2021年1月22日時点での情報です。

予定通り開催されるプログラム

ARTAOTA

会期:
2021年 2月12日(金)–14日(日)
時間:
11:00–19:00 ※最終日16:00まで(閉場30分前最終入場)
会場:
九条湯(京都市南区)
入場料:
無料
主催:
MUZ ART PRODUCE

京都の「九条湯」を会場に、生徒や学生が出品するアートマーケット。若いアーティストのみずみずしい才能がエキスパートに見出される機会となります。

CONNECT

会期:
2021年1月23日(土)–3月14日(日)
休館日:2月16日(火)
時間:
10:30–20:00
会場:
藤井大丸(京都市下京区)
入場料:
無料
主催:
ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会

ARTISTS’ FAIR KYOTO特別展示として、現代美術家鬼頭健吾のインスタレーションを藤井大丸一階にて展開し、冬の京都の街を彩ります。二階特設会場(1月23日–1月31日)では、ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020出展作家、武田諭、東條由佳、野田ジャスミンによる作品を展示します。

洛宙KANSEIアート展 京都 2021

会期:
2021年2月10日(水)–21日(日)
時間:
9:00–16:30 ※最終日15:00まで(閉場30分前最終入場)
会場:
御寺 泉涌寺(京都市東山区)
入場料:
無料(但し別途各寺院の拝観料必要)
会期:
2021年2月23日(火)–3月2日(火)
時間:
9:00–17:00 ※最終日15:00まで(閉場30分前最終入場)
会場:
高台寺(京都市東山区)
入場料:
無料(但し別途各寺院の拝観料必要)
主催:
洛宙KANSEIアート展実行委員会

「感性」「伝統」「未来」をテーマとして、歴史ある建築美の空間と現代の美術及び工芸とが融合して創造される日本の伝統美を京都から発信します。三島喜美代、森野泰明、清水六兵衛他、全15作家が出展。

※50音順

中止、または延期となったプログラム

Advanced Mission Towards a KYOTO KOGEI WORLD

会期:
2021年 2月11日(木・祝)–14日(日)
時間:
10:00–17:00 ※最終日16:00まで
会場:
京都府庁旧本館2階正庁(京都市上京区)
入場料:
無料
主催:
京都工芸美術作家協会

京都府庁旧本館「正庁の間」にて、現在活躍中の工芸美術作家たちの最先端の作品を展示します。「KYOTO KOGEI」が現代美術市場においてのワールドスタンダードへと成長することを目指しています。

OBJECT

会期:
2021年2月13日(土)・14日(日)
時間:
11:00–19:00
会場:
京都岡崎 蔦屋書店(京都市左京区)
入場料:
無料
主催:
OBJECT

多種多様なオブジェクト(立体作品)を集めたアーティスト主導のフェアイベント。開かれた空間で、アーティストの交流とオルタナティブなアートマーケットを開催します。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 extra

会期:
2021年2月5日(金)–23日(火)
休館日:水・木
時間:
10:00–17:00
会場:
DELTA/KYOTOGRAPHIE PERMANENT SPACE(京都市上京区)
入場料:
無料
会期:
2021年2月11日(木・祝)–14日(日)
時間:
12:30–17:00(16:30最終入場)
会場:
伊藤佑 町家(京都市下京区)
入場料:
1,200円(一般)1,000円(学生)
主催:
一般社団法人 KYOTOGRAPHIE

出町桝形商店街内に誕生したKYOTOGRAPHIEのパーマネントスペースDELTAで八木夕菜による展覧会を開催する他、ビルとビルの間にひっそりと佇む新町綾小路の京町家でマリアン・ティーウェンと福島あつしによる展覧会、計三つの写真展を新旧のスペースにて開催します。

※50音順